1. TOP
  2. コラム
  3. 身延山見どころ紹介
  4. 身延山への裏参道、日蓮聖人が歩かれた杉山のディープスポット!

身延山への裏参道、日蓮聖人が歩かれた杉山のディープスポット!

 身延山への道に繋がる国道52号線から総門をくぐって門内へ入るルートの他に、身延山に入るもうひとつの道があります。それが県道805号線です。

 地元の方には「杉山」と呼ばれているこの道は、駿州往還として日蓮聖人が歩かれたことがほぼ確実にわかっている数少ない道です。点在する史跡にも、その歴史の足跡を残しています。

 そこで今回はこの杉山の見どころを、紹介いたします。

日蓮聖人が歩かれた、杉山の名所案内

 地図やナビ上に出てくる国道52号線の境宮神社の分岐(実際には神社は道路から見えません)から山に上る形で杉山に入り、最初に見えてくる祠は「産宮神」、通称「さんごじさん」です。祠の周りには底の抜けた柄杓がたくさん奉納されていますが、その光景に足を止められる方もいる安産の神様です。

■安産の神様・産宮神(さんごじさん)
安産の神様・産宮神(さんごじさん)

 昔、この辺りに住んでいた若い女性が大変な難産で苦しんでいたところ、通りかかった旅の僧侶が柄杓を用意させ、お経を唱えて底を抜くと元気な男の子が生まれたそうです。この言い伝えから安産を祈って県内外から柄杓を奉納しに訪れる人が後を絶たず、最近でも難産で苦しんでいた娘さんの為にお父さまが底を抜いた柄杓を奉納したところ、元気な赤ちゃんが生まれたという喜びの話を聞きました。

 この産宮神さんからカーブをひとつ上がったあたりに、休憩スペースがあります。ここから見る景色はとても美しく、春になるとすぐ近くの円崎工業さんの周辺にも桃や桜の花が咲いて綺麗です。

■円崎工業周辺
円崎工業周辺

 産宮神さんから道なりに車を走らせると、次に見えてくるお堂が「姥清水」です。

■姥清水
姥清水

 日蓮聖人がこの辺りで喉の渇きを覚え、近くに住んでいた姥に水を所望したところ、姥は水を汲みに険しい沢へ下りていきました。その姿を見て日蓮聖人は大変感謝されるとともに、この場所に湧水があればどれだけ良いことだろうと、杉の杖を地面に突き立てます。すると根元から水が湧き出し、やがて杖は根付いて杉の木となったという伝説が残っています。

 今もこの地からはこんこんと水が湧き出しており、小さなお堂には日蓮聖人の御像が祀られています。

 杉山は「南天の里」としても知られますが、甲州盆唄に唄われる「身延の者は 声がよい 良いはずだ 南天山の水を飲む」とは、この水のことではないかといわれています(山の水なので飲まれる際はご自身の判断でお願い致します)。初夏には紫陽花がとても綺麗で、私のお気に入りのひとつでもあります。

 さらに道なりにしばらく車を走らせると、今度は古びたお寺が見えてきます。こちらは日蓮聖人ゆかりの言い伝えが残る朝日祖師堂です。

■朝日祖師堂
朝日祖師堂

 日蓮聖人が身延に到着された翌日の1274年5月18日、ちょうどこの辺りで上った朝日に向かって高らかにお題目を唱えられたと言われています。その後、この場所にお寺が建てられましたが、数年前までは30年ほど無住の状態が続き荒廃する一途でした。

 しかし、近年は町内のお寺のご住職が手入れをして下さるようになり、時折御開帳も行われています。

 お堂こそ古びていますが、境内の向かって左手にある瘡守稲荷(かさもりいなり)はでき物、腫れ物に霊験があらたかといわれていますし、何より境内にある桜の樹は久遠寺境内の兄弟桜といわれる大変立派な枝垂れ桜で、シーズンにはカメラを抱えた人で賑わいます。

 さらに道なりに進むと民家が現われるあたりの急カーブの右手に案内板があるのが見えてきます。そこには海に出たいと願った大蛇の悲しい伝説が残されています。

■蛇石
蛇石

 大蛇は地区のお寺の住職の夢枕に立ち、道を邪魔する木をどかしてくれと願ったものの、大蛇に出てこられてはたまらないという集落の人々によって道を封じられ、崩落してきた大石に潰されて死んでしまいました。

 今も大きな岩が沢を塞ぐかのように立ちはだかっています。大蛇の供養のために石塔などが設けられ、春には枝垂れ桜が蛇の霊を慰めるかのように花を咲かせます。

 そしてここから久遠寺方面へ向かうと、身延山塔頭の延寿坊さん、蓮盛坊さん、以前ご紹介した逕泉坊さんなどがあります。

 まだ通られた事がない方には一度通ってみていただきたい道でもありますが、非常にカーブが多く、道幅も狭い山道ですので、走行には十分な注意が必要です。

 特に桜の時期などは不慣れな方が事故を起こしやすいため、カーブミラーを見ながらくれぐれも安全運転でご利用下さい(混雑期には臨時駐車場が開設されますが、門前町への通り抜けは出来ません)。


地図


身延山情報へのリンク

身延山・久遠寺徹底ガイド
身延山の宿坊一覧


寺社のイベント情報リンク


メールマガジン

宿坊研究会からのお知らせは『メルマガ寺社旅研究会(メールマガジン)』で配信しています。よろしければご登録下さい。購読は無料です。

メールアドレス     

メルマガバックナンバー


寺社コン

寺社好き男女の縁結び企画『寺社コン』開催中。これまで10年に渡り400人以上が結婚し、趣味が共通しているため、初対面でも話しやすい方が多いのが特徴です。

  ~寺社好き男女の縁結び企画~ 寺社コン

主催者のプロフィール

\ SNSでシェアしよう! /

宿坊研究会の注目記事を受け取ろう

安産の神様・産宮神(さんごじさん)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

宿坊研究会の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ゆる身延

ゆる身延

Facebookページ「ゆる身延」主宰。横浜出身、身延町在住。身内の供養の為に2000年頃より久遠寺に通い始め、不思議な仏縁を得て身延の僧侶と結婚。趣味で行なっていた史跡探訪等の知識を活かし、身延山の情報発信やコラムの執筆などを行なっている。

関連記事

  • 健脚の守り神! 日荷上人の謎が残る壮大な身延山三門は見所満載

  • 強い信念を持ちたい時に! 鍋冠日親上人が開いた身延山宿坊岸之坊

  • 身延山の入り口・発軫閣は、新たなチャレンジの後押しをしてくれる

  • 休憩から庭園観賞まで。身延山久遠寺の一息つける穴場スポット3選

  • 定番から穴場まで、一生に一度は見たい身延山の桜ガイド

  • 「給仕第一」日朗上人の心が生きる、身延山の宿坊・竹之坊