1. TOP
  2. コラム
  3. 身延山見どころ紹介
  4. 定番から穴場まで、一生に一度は見たい身延山の桜ガイド

定番から穴場まで、一生に一度は見たい身延山の桜ガイド

身延山久遠寺境内の桜

 みなさまこんにちは。身延町在住のゆる身延です。今回は身延山の桜のご紹介です。

 身延山の桜の美しさには、毎年、現実と非現実の境目がわからなくなる感覚を覚えます。久遠寺の美しい諸堂宇に、満開の枝垂れ桜が至るところに咲き乱れ、春のうららかな気候に身を任せ、いつまでもいつまでも桜を見ていたい気持ちになります。「枝垂れる枝には天から神霊が伝い来て祭りの場に降臨する」。身延山の桜はまさにそれを感じさせます。

久遠寺境内の妙法桜と瓔珞桜

■久遠寺境内の瓔珞桜
身延山久遠寺境内の枝垂桜

 身延山は桜の名所として、知られています。久遠寺境内の2本の大きな枝垂れ桜は樹齢400年と言われ、報恩閣前が妙法桜、仏殿前が瓔珞(ようらく)桜と名付けられています。瓔珞桜は2014年の大雪で枝が傷んでしまいましたが、そのことを感じさせないくらいに、毎年花をつけれくれています。

 久遠寺境内の桜は1本1本の樹が立派で、その殆どが枝垂れ桜です。高い位置から地面に着くくらいに花が垂れ下がる様は、まるで目の前にピンクの霞がかかったような美しさです。また枝いっぱいについた桜の花びらが舞う様子には、毎年居合わせた方々の歓声が上がります。

 例年4月6~8日に行われる「釈尊御降誕会(しゃくそんごこうたんえ)」、通称「花まつり」の時期まで桜が咲いていれば、桜吹雪の中をたくさんのお坊さんが歩かれていく姿を見ることも出来ます。こちらもまた、美しい身延の風物詩です。

身延山の西谷は、静かに桜を楽しめるもう一つの名所

■西谷の桜絨毯
身延山の西谷桜絨毯

 久遠寺境内から外へと目を向けても、桜の名所はたくさんあります。まずは久遠寺境内から、本堂向かって左側へと回りましょう。展望の良い西谷側に、桜の絨毯が見下ろせます。この辺りは麓坊さん、岸之坊さん、北之坊さんといった宿坊が並び、境内や道沿いにも桜が咲き誇ります。

 そしてこちらは都合が合わず、満開時期に間に合わなくても大丈夫です。久遠寺境内や桜絨毯のピークとずらすように、西谷の坂や御廟所参道には濃いピンク色の枝垂れ桜が美しい並木を見せてくれます。久遠寺ほど大きくはありませんが十分に美しいですし、混雑もピークを過ぎますので、比較的ゆっくりとご覧いただけます。

 谷川へと降りて坂を下れば、日蓮聖人のお墓がある御廟所に辿り着きます。久遠寺境内からは往復で1時間くらいの距離ですので、春のお散歩にもちょうど良いコースです。

 なお、位置関係がわからない方は、三門前の観光案内所か久遠寺境内の甘露門近くにある鶯渓閣(おうけいかく)で、全体地図を入手される事をお勧めします。

身延山にしかないミノブザクラと因幡房の伝承

■ミノブザクラ
身延山のミノブザクラ

 そして殆どの方が知らずに来られているのが残念なのですが、身延山には「ミノブザクラ」という桜の樹があります。

 ミノブザクラは昭和24年植物研究家、古瀬義氏により身延山願満堂にて採集され、大井次三郎博士により昭和26年にミノブザクラと名付けられた身延山にしかない桜です。ヤマザクラ系とマメザクラとの雑種であり、ヤマザクラの特徴が強く白色に近い花びらを持ち、下を向いて花を咲かせます。久遠寺境内の桜のような華やかさはないものの、控えめで清楚な花が満開の様子は美しいです。

 ミノブザクラは、久遠寺境内甘露門脇、身延山大学図書館脇の斜面(道路寄り)、ご廟所の雫の桜として、山内三ヶ所でのみご覧いただけます。

 その内「御廟所の雫の桜」には、因幡房という人物の伝承が残されています。日蓮聖人の噂を聞いた因幡房は、桜から落ちる夜露に衣が濡れることも気づかず、御草庵から漏れてくる説法を聞き続けていました。そしてその熱心な心を認められ、やがて弟子になることを許されています。

 雫の桜は長い年月で何度か枯れてしまい、現在のミノブザクラは何代目かの移植されたものですが、身延山でしか見ることの出来ない貴重な桜も是非お見逃しなく!!

身延山には他にも桜の隠れた名所がたくさん!

■寺平の桜
身延山寺平の桜

 この他、国道53号線から身延山に続く裏参道、県道805号線沿いにある朝日祖師堂には久遠寺境内の妙法桜、瓔珞桜の兄弟桜と伝わる桜がある隠れた名所です。県道805号線側からお越しの方の臨時駐車場である寺平は大変美しい桜並木があり、夜には地元の方がライトアップをして下さっています。

 毎年桜の時期には門内交通規制が行われます。車は基本的に身延町の総合文化会館にお停めいただき、シャトルバスで門前町までいらしていただくことになります。 桜の時期、門内には至る所に桜がみられますので、門前町からゆっくりと歩いて桜散歩を楽しんでいただくことをお勧めします。

 交通規制時期を過ぎますと、桜を一目見ようとする方々で門内は一気に渋滞になります。駐車場にたどり着くだけで大変なので、出来るだけ公共交通機関をご利用下さいませ。毎年桜の開花情報は、観桜期にFacebookページ「ゆる身延」で頻繁に更新していますので、是非ご参考にしていただければと思います。

 また、現在志摩坊さんの裏山ではたくさんの桜の若木が育っております。身延山から車で20分程のクラフトパークでも「しだれ桜の里」として、数え切れないほどの枝垂れ桜の育成が進んでいますので、今後がとても楽しみです。


地図



メールマガジン

宿坊研究会からのお知らせは『メルマガ寺社旅研究会(メールマガジン)』で配信しています。よろしければご登録下さい。購読は無料です。

メールアドレス     

メルマガバックナンバー


寺社コン

寺社好き男女の縁結び企画『寺社コン』開催中。これまで10年に渡り400人以上が結婚し、趣味が共通しているため、初対面でも話しやすい方が多いのが特徴です。

  ~寺社好き男女の縁結び企画~ 寺社コン

主催者のプロフィール

\ SNSでシェアしよう! /

宿坊研究会の注目記事を受け取ろう

身延山久遠寺境内の桜

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

宿坊研究会の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ゆる身延

ゆる身延

Facebookページ「ゆる身延」主宰。横浜出身、身延町在住。身内の供養の為に2000年頃より久遠寺に通い始め、不思議な仏縁を得て身延の僧侶と結婚。趣味で行なっていた史跡探訪等の知識を活かし、身延山の情報発信やコラムの執筆などを行なっている。

関連記事

  • 身延山の塔頭逕泉坊は、魔に打ち勝つ力が欲しい時にお参りしたい

  • 強い信念を持ちたい時に! 鍋冠日親上人が開いた身延山宿坊岸之坊

  • 身延山一の聖域。御廟所で人生の転機に心静かに自らを省みる

  • 無双の学僧・日源上人縁の身延山大林坊で学業成就を祈る

  • 暗いからこそ万灯が美しい 人のあたたかさを感じる身延山の御会式

  • 修行体験と精進料理にこだわる身延山の宿坊・端場坊で参籠する