1. TOP
  2. 京都府
  3. 京都市
  4. 閑臥庵(京都市 鞍馬口駅)の普茶料理【くちコミ付き】

閑臥庵(京都市 鞍馬口駅)の普茶料理【くちコミ付き】

閑臥庵

基本情報

電話  :075-256-2480
ウェブ :閑臥庵
住所  :京都府京都市北区烏丸通鞍馬口東入ル278
アクセス:地下鉄烏丸線「鞍馬口駅」下車、1番出口より徒歩3分
駐車場 :あり
【普茶弁当】3000円

【普茶料理】5000円~


特記事項

 黄檗宗の禅寺で、後水尾法皇自らが勅号された由緒正しきお寺です。昔あけぼの桜というものがあったため、別名曙寺とも呼ばれています。ここでは中国風の精進料理である『普茶料理』が頂けます。


地図


体験者の声

 後で言われて気がついたのですが、普茶の前に京という一文字がついているではありませんか!!! パンフレットは前回訪問時にもらっているのに・・・。正しくは京普茶料理。最初から出てくるものが、どことなく京懐石風。見た目も味も凝っていて、やっぱり京懐石風。さらに食事をした部屋も後から考えると、まさしく京懐石風。

 同じ普茶を名乗っていても(前日に食べた海宝寺の普茶料理と)全く別ではないにしろ、こんだけ違うのかと驚かされてしまいました。人の記憶が確かなうちに食べてよかったかも。結構な量があり見た目、味でも楽しませていただきました。ご馳走様でした。


体験者の声

 閑臥庵普茶料理はまずお干菓子に薄茶からはじまり、それから前菜が始まるという流れで、まるでお茶事みたいだなぁと思いました。器も盛り付けもきれいでとても楽しめました。品数も思った以上にたくさんあって、お腹いっぱいになりました。普段は行けないようなところで食事ができて、楽しかったです。


体験者の声

 普茶料理は今回が初体験でしたので、大変たのしみでした。通された部屋は、洒落た和室のテーブル席で頭上にはシャンデリアという、ちょっと大正浪漫風? 精進料理というイメージだったので、座敷で正座、と思ってましたがちょっと予想外でした。(正座が苦手なので正直こちらのほうが大変有難かったですが(笑))

 さてお料理のほうですが、一卓の人数分が大皿に盛られて運ばれてくるので、それを各自の手元に取り分けて食べるというオーソドックスな普茶料理スタイルでしたが、大皿というイメージではなくやはり懐石に近い感じで、洗練された器に盛り付けも美しく、目でも舌でも味わう料理でした。

 特に細工の細かさは絶品で、昆布で編まれた直径4~5センチの小さな竹籠など、見た目、まさか食べれるとは思えない出来で、みなさん眼を見張ってらっしゃいました。あといがぐりを模った茶素麺で包んだ和菓子も実物そっくりで、食べるのが惜しい感じでした。一品、一品はちょうど一口という感じですが、最後はしっかり満腹になりました。


体験者の声

 初めて普茶料理をいただきました。少しお味は濃い目かなあと思いました。どちらかというと私が薄い味が好みなのかもしれませんが・・・いただいてみて、食材などの疑問をお話したりしました。見て楽しみ、また味わうことができました。法皇さまの長寿はともかく健康はあやかりたいですね。


体験者の声

 初めての普茶料理は大変美しく感動でした。上善寺のお庭の素晴らしいのには驚かされました。あのお庭が眺められるのなら、何度でも訪ねてみたいお寺だと思いました。



メールマガジン

宿坊研究会からのお知らせは『メルマガ寺社旅研究会(メールマガジン)』で配信しています。よろしければご登録下さい。購読は無料です。

メールアドレス     

メルマガバックナンバー


寺社コン

寺社好き男女の縁結び企画『寺社コン』開催中。これまで10年に渡り400人以上が結婚し、趣味が共通しているため、初対面でも話しやすい方が多いのが特徴です。

  ~寺社好き男女の縁結び企画~ 寺社コン

主催者のプロフィール

\ SNSでシェアしよう! /

宿坊研究会の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

宿坊研究会の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

宿坊研究会編集部

宿坊研究会編集部

寺社旅研究家のほーりーが立ち上げた、宿坊研究会の編集部。日本全国300件以上の宿坊を紹介し、宿泊者の体験談も多数掲載! 全国の座禅会・写経会・精進料理などの寺社体験もレポートしています。