1. TOP
  2. おすすめ本
  3. 近江・若狭の古寺と仏像(丸山尚一)

近江・若狭の古寺と仏像(丸山尚一)

 近江・若狭の古寺と仏像

 丸山 尚一 著

 Amazonで購入

 滋賀県は奈良、京都に次いで、国宝や重要文化財に指定されている仏像の多い地域です。地理的には畿内と東国、北国を結ぶ交通の要衝であり、歴史の上では京都や奈良を支える裏舞台としての役を担ってきました。

 また天台宗の総本山であり日本仏教の母とも呼ばれる比叡山のお膝元であることから、天台宗の古刹が多いことも特徴です。全面積の約六分の一を琵琶湖が占め、奈良の都に近い淡水の海という意味から、近淡海(ちかつあふみ)が転化し、近江と呼ばれていました。

 若狭は京都の北側、福井県の西南部にあり、古来より大陸からの文化の窓口でした。戦火を逃れた文化財がたびたびこの地に運び込まれ、今でも多くの古仏が残っています。奈良との繋がりも深く、東大寺の春を呼ぶ行事として知られる「お水取り」は、若狭の遠敷明神(おにゅうみょうじん)が香水を献上した伝承に由来し、この地ではお水取りに先駆けて「お水送り」が行われます。

 本書ではこれら近江、若狭の古寺について、伝わる仏像を一つ一つ取りあげながら解説しています。滋賀県の仏像をこれほど詳しく、カラー写真もふんだんに用いて紹介している書籍は珍しく、情報不足のため足を踏み出しにくかった滋賀県への足がかりとなる一冊です。

 延暦寺、三井寺、西教寺、長命寺、永源寺など、宿坊のあるお寺も多数紹介。美しい仏像の写真は、じっと見ているとそれだけで旅情を掻き立てられます。

 神秘の国、滋賀県。あなたもこの本を手にとって、古寺を旅してはいかがでしょうか。



宿坊研究会のイベント情報リンク


寺社コン

寺社好き男女の縁結び企画『寺社コン』開催中。これまで13年に渡り500人以上が結婚し、趣味が共通しているため、初対面でも話しやすい方が多いのが特徴です。

  ~寺社好き男女の縁結び企画~ 寺社コン

主催者のプロフィール

\ SNSでシェアしよう! /

宿坊研究会の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

宿坊研究会の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

本の紹介

本の紹介

宿坊研究会による、おすすめ本の紹介です。お寺や神社関連を中心に、旅行、日本文化、その他面白いと感じた本をまとめています。

おススメ記事

  • お寺で遊ぶ東京散歩(吉田さらさ)

  • さいたま寺社めぐり(花井泰子 花井敬)

  • やさしい「禅」入門(立松和平 南直哉ほか)

  • 日本トンデモ祭―珍祭・奇祭きてれつガイド (杉岡 幸徳)

  • 神社の見方(外山晴彦・『サライ』編集部 編)

  • 図解 仏像がわかる事典(谷敏朗)