1. TOP
  2. おすすめ本
  3. 江戸東京の古寺を歩く(巻頭 童門冬二)

江戸東京の古寺を歩く(巻頭 童門冬二)

 江戸東京の古寺を歩く

 Amazonで購入

 徳川家康が江戸に入ったのは、天正十八年(1590)。しかし家康が江戸に入った当初、関東一帯の住民は愛民精神の強かった北条氏に親しみを持っており、家康への反感は強かったそうです。
 そのため家康は江戸を治めるためには愛される領主とならなければならないと考え、古くからの寺社を保護する政策を取りました。それが今の東京の原型であり、現在でも東京には多くの寺社が残っています。

 例えば浅草寺。境内へと続く仲見世は今でも多くの人で賑わう観光地ですが、創建は推古天皇36年(628)。都内でも最も古い歴史を誇っています。また家康から三代に渡り将軍のブレーンとなった天海建立の寛永寺、徳川家の菩提寺であり、6人の将軍が埋葬されている増上寺など、徳川家と繋がりの深いお寺も多いです。

 本書はそんな東京のお寺について、歴史や見所を丁寧にまとめた紹介が魅力です。掲載寺院も上記3ヶ寺や柴又帝釈天、泉岳寺、巣鴨のとげ抜き地蔵尊、高尾山薬王院など、多くの人が訪れる有名どころから、普段はあまり知られず、ひっそりとした隠れた名所まで、全部で52寺。それぞれが1~6ページ程度の分量で、ガイドブックよりも一歩突っ込んだ内容が、実際に散策をする際には非常に役に立ちます。巻末のイベントカレンダー、御利益ガイドも小憎く充実です。

 東京のお寺を巡ってみたい方、一つのお寺にじっくりと時間を掛けて散策したいあなたには、是非おすすめの一冊です。



宿坊研究会のイベント情報リンク


寺社コン

寺社好き男女の縁結び企画『寺社コン』開催中。これまで13年に渡り500人以上が結婚し、趣味が共通しているため、初対面でも話しやすい方が多いのが特徴です。

  ~寺社好き男女の縁結び企画~ 寺社コン

主催者のプロフィール

\ SNSでシェアしよう! /

宿坊研究会の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

宿坊研究会の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

本の紹介

本の紹介

宿坊研究会による、おすすめ本の紹介です。お寺や神社関連を中心に、旅行、日本文化、その他面白いと感じた本をまとめています。

おススメ記事

  • はじめての四国八十八カ所いたれりつくせりガイド(大塚秀見 編集協力)

  • よくわかる古建築の見方(監修 河津勇司)

  • イラスト図解 お寺のしくみ (井上 暉堂)

  • 日本各地のおススメ宿坊を網羅した『全国宿坊ガイド』(宿坊研究会)

  • もう一度学びたい古事記と日本書紀 (多田 元)

  • デジカメ写真修正前→修正後(室井英亮)