1. TOP
  2. おすすめ本
  3. よくわかる古建築の見方(監修 河津勇司)

よくわかる古建築の見方(監修 河津勇司)

 よくわかる古建築の見方

 河津勇司 監修

 Amazonで購入

 お寺や神社を巡り歩いていると、美しい建築物に目を奪われることが良くあります。私が今までで最も衝撃的に感じた建築物は、比叡山延暦寺の根本中堂でした。

 文殊楼の階段を下りていくと、目の前に現れる荘厳で重厚な一山の総本堂。正面十一間、側面六間。入母屋造りの建物で、石畳の内陣が板敷きの外陣より3Mほど低い造りは、天台様式と呼ばれています。

 神社で驚いたのは、出雲大社でした。旧暦十月の神無月(神在月)には、日本中の神様が集まると呼ばれる神社です。本殿は妻入りの大社造りを代表する建築で、堂々と屋根から伸びる千木(ちぎ)や堅魚木(かつおぎ)が印象的でした。

 城郭では姫路城。白鷺城とも呼ばれる、白漆喰の映えたお城で、西の丸、二の丸、本丸と迷路のように続く道や、隠狭間(かくしざま)、石落としと呼ばれる城郭守護の仕掛け、そして何より入母屋破風、千鳥破風、唐破風の屋根が重なり合う大天守。全てにおいて緻密な美に縁取られた建築物です。

 本書では、寺院、神社、城郭の3部構成で、それぞれの建築様式から部分部分の構成要素、そしてそれらを代表する建築物を、実際の写真入りで紹介しています。

 古建築は全体を見ては雰囲気だけで分かった気になり、そこから一歩踏み込もうとすると、途端に難しくなってしまうものですが、イラスト、写真、地図などをふんだんに使った解説は、建築世界への初めての一歩を踏み出す手助けとして、とても役に立ちます。

 あなたもこの本を読んで、今まで見過ごしていた建築の美しさにふれてみてはいかがですか?



宿坊研究会のイベント情報リンク


寺社コン

寺社好き男女の縁結び企画『寺社コン』開催中。これまで13年に渡り500人以上が結婚し、趣味が共通しているため、初対面でも話しやすい方が多いのが特徴です。

  ~寺社好き男女の縁結び企画~ 寺社コン

主催者のプロフィール

\ SNSでシェアしよう! /

宿坊研究会の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

宿坊研究会の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

本の紹介

本の紹介

宿坊研究会による、おすすめ本の紹介です。お寺や神社関連を中心に、旅行、日本文化、その他面白いと感じた本をまとめています。

おススメ記事

  • 完全図解 仏教早わかり百科 (ひろさちや 監修)

  • 歩く地図S 東京

  • 神社のしきたり(浦山 明俊)

  • お寺でいただく精進料理 首都圏編 (伊豫田浩美・村上文子)

  • 面白いほどよくわかる日本史 (鈴木旭 著・加来耕三 監修)

  • 江戸東京の古寺を歩く(巻頭 童門冬二)