1. TOP
  2. 神奈川県
  3. 満福寺(神奈川県 腰越駅)の宿坊【くちコミ付き】

満福寺(神奈川県 腰越駅)の宿坊【くちコミ付き】

満福寺

基本情報

電話  :0467-31-3612
ウェブ :満福寺
住所  :神奈川県鎌倉市腰越2-4-8
アクセス:江ノ島電鉄「腰越駅」から徒歩3分
宿坊は終了しました。

特徴・見所

 鎌倉時代には鎌倉の玄関口となっていた腰越にあり、源頼朝の怒りをかって鎌倉に入ることが叶わなかった源義経が逗留したお寺です。義経はここで一通の嘆願文(腰越状)を書いて頼朝に送り、この文がお寺に伝わっています。また本堂には「腰越状を書く義経」「静の舞」「雪山での義経主従」「弁慶の立ち往生」といった場面が描かれた鎌倉彫のふすまがあり、全国から多くの義経ファンが訪れています。


地図


宿泊者の声

 初めての宿坊で、しかも一人旅。どうなることか、はらはらどきどきでした。

 泊まったところは寺と隣接した別の建物で、ストーブにエアコンもある暖かいお部屋で、とてもきれいな和室でした。寝巻きを持っていくのを忘れてどうしようかと思っていましたが、なんとスウェット上下が用意してあり、びっくりしました。テレビもついてました。

 お寺から歩いて5分ほどのところに浜辺があり、朝は日の出を見に、夜は江ノ島の夜景を見に行きました。とてもきれい。お風呂からも江ノ島の灯台などの夜景を見ることができました。泊まった後は江ノ電沿いを観光しました。大仏や長谷寺、鶴岡八幡宮なども江ノ電に乗ればすぐです。私が行ったときは宿泊客は私だけだったので、離れで夜一人で少し寂しかったです。

 義経ゆかりのお寺で、腰越状や屏風絵など、義経ファンにはたまらないお寺だと思います。今年の大河ドラマも義経ですし。


宿泊者の声

 宿坊泊まるのは2回目ですが、一人では初めてだったのでちょっと緊張しました。宿泊予約はメールでしました(お寺のHPがあるのでそこからアクセスできます)。宿坊の名前は「義経庵(ぎけいあん)」。いくつか和室がありそれぞれ鎌倉彫りで(義経や鎌倉にちなんだ)名札がついてました(ちなみに私の部屋は『七里ケ浜』)。部屋は何とテレビ・エアコン付き。お茶セット・パジャマ・タオル・歯磨きセットまで用意されてました。雑誌も置いてあり「サライ(鎌倉特集)」や「週間義経紀行(腰越状)」等、満福寺さんが掲載されているので興味深くみせていただきました。

 部屋もお風呂も新しくてきれいでした。ただお風呂が別棟なので一旦外へでなければならないのと、外カギがかけられないのでちょっとそれが不便でした。本堂の義経の人生を描いた鎌倉彫りの襖絵や腰越状をみるには通常有料ですが、無料にしてくださいました。それからお勤めは参加自由ということでしたので参加させていただきました。その後ご住職から「本堂の中をゆっくりみていいですよ」との許可をいただきじっくり襖絵を見させていただきました。


近隣の名所

 鎌倉、大仏、江ノ島など。


メールマガジン

宿坊研究会からのお知らせは『メルマガ寺社旅研究会(メールマガジン)』で配信しています。よろしければご登録下さい。購読は無料です。

メールアドレス     

メルマガバックナンバー


寺社コン

寺社好き男女の縁結び企画『寺社コン』開催中。これまで10年に渡り400人以上が結婚し、趣味が共通しているため、初対面でも話しやすい方が多いのが特徴です。

  ~寺社好き男女の縁結び企画~ 寺社コン

主催者のプロフィール

\ SNSでシェアしよう! /

宿坊研究会の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

宿坊研究会の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!