1. TOP
  2. 京都府
  3. 京都市
  4. 京都坊主BAR(京都市 烏丸駅)の坊主バー【くちコミ付き】

京都坊主BAR(京都市 烏丸駅)の坊主バー【くちコミ付き】

京都坊主BAR

基本情報

電話  :075-252-3160
ウェブ :京都坊主BAR
住所  :京都府京都市中京区油小路通蛸薬師下る山田町526
アクセス:阪急京都本線「烏丸駅」下車、24番出口から徒歩10分
営業時間:18:00~24:00(ラストオーダー 23:30)
定休日 :日曜日(振り替える場合あります)
坊主バー

特徴・見所

 お坊さんがバーテンダーを務める、坊主バーです。日・木曜日が定休(振り替えあり)で、営業時間は20:00~24:00(ラストオーダー 23:30)です。


地図


ほーりー記

 京都坊主バーは大通りから小道に入った、ひっそりとした住宅街の中にありました。

 中に入るとカウンターとテーブル席があり、あまりお寺らしさは感じられないシックで大人な雰囲気です。ただテーブルにおりんがおいてあったり奥に和室があったりと、やはり普通のバーとはちょっと違うお寺の風情が漂います。

 そして坊主バーと言えば最大の楽しみはやはり、お寺由来の名前が付けられたメニューではないでしょうか。こちらには「諸行無常(しょぎょうむじょう)」「煩悩熾盛(ぼんのうしじょう)」「愛欲広海(あいよくこうかい)」「黄泉(よみ)の国」「蓮華座(れんげざ)」といったオリジナルカクテルがありました。

 そんなわけで、最初に注文したのは「諸行無常」。こちらはそのときの気分に応じて変化するカクテルとのこと。常なるものは何もない。まさしく諸行無常です。そしてもう一つ、注文したのが「愛欲広海」を注文。こちらは名前の通り、広い海に溺れるような愛をイメージしたカクテル。甘口です。

 そんな侘しさと煩悩のはざまを漂いながら強めのカクテルをちびちび飲みつつ、お坊さんバーテンダーの羽田高秀さんとお話させて頂きました。

 羽田さんはものすごく話題も豊富ですが、死後の世界やスピリチュアルなお話をしたり、各国のウィスキーやビールについていろいろと教えて頂いたり。とても楽しい時間でした。

 それとこっそりとメニュー表の中にも、煩悩について解説が挟んであったり。

 仏教についてもお酒についても、もっといろいろ知りたくなる。人生相談を受けることも良くあるそうですし、お酒を飲みつつ溜め込んでいることを話したい方がいましたら、ぜひぜひ訪れてみて下さいね。



メールマガジン

宿坊研究会からのお知らせは『メルマガ寺社旅研究会(メールマガジン)』で配信しています。よろしければご登録下さい。購読は無料です。

メールアドレス     

メルマガバックナンバー


寺社コン

寺社好き男女の縁結び企画『寺社コン』開催中。これまで10年に渡り400人以上が結婚し、趣味が共通しているため、初対面でも話しやすい方が多いのが特徴です。

  ~寺社好き男女の縁結び企画~ 寺社コン

主催者のプロフィール

\ SNSでシェアしよう! /

宿坊研究会の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

宿坊研究会の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

宿坊研究会編集部

宿坊研究会編集部

寺社旅研究家のほーりーが立ち上げた、宿坊研究会の編集部。日本全国300件以上の宿坊を紹介し、宿泊者の体験談も多数掲載! 全国の座禅会・写経会・精進料理などの寺社体験もレポートしています。